経済発展(成長)と幸福感について その2

「本当に伝えたいこと」

お付き合いありがとうございます。長いですが、その2を最後までお読みいただければ

私が本当に伝えたいことがわかっていただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合い下さい。

コラムその1で原発について簡単に廃止や代替エネルギーが準備できるのか?という話を書きました。それを検証するために、再生可能エネルギーや自然エネルギーについて

それぞれ私なりの考察を重ねてきました。

その続きになりますが、他にも木質系として廃材・端材をペレット化して燃料として利用する方法があります。

しかし、私の知っている企業さんが取り組んでいますが、物流コスト・手段が問題で

灯油価格が高い中でも普及がなかなか進んでいない現実があります。

また間伐材を燃料として発電する方法がありますが(オーストリアで普及しているとのこと)

我が国の険しい山から搬出するコストを加えると、これも発電コストはオーストリアに比べると相当高くなるのでは、と推測します。

深海のメタンハイドレードについては、研究者が全力をあげて採掘方法を研究しているようです。

これも実用化技術が開発されるまでには、相当の時間が必要と感じています。

海底からの石油掘削は進んでいますが、石油は液体・・・メタンハイドレードは固体であるために効率的な掘削技術開発には時間がかかると思われるのです。

いずれにしても、原発に変わるエネルギーは「コスト高・不安定」等の問題が付きまといます。

このような問題を見越して脱原発集会などに参加しているのであれば良いのですが、

単に福島で大事故が起きたからといって参加しているのであれば

少し不安に感じるのです。

そこで本題である私の素朴な問いです。

タイトルにもあるように経済発展(成長)にどこまで進めば満足・納得できるのでしょう?

ゴールはあるのでしょうか?

また経済が発展すれば人間は本当に幸福になれるのでしょうか?

逆に経済発展がなければ人間は本当に不幸になるのでしょうか?

車が輸出できなくなれば、国民は本当に不幸になるのだろうか?

家電製品が輸出できなくなれば、国民は本当に不幸になるのだろうか?

仮にある年度の経済成長率が前年比3%アップした場合、

国民生活をはじめ中小零細企業の経営は3%豊かになるのでしょうか?

私は決してそうではないと思います。

薄識ですが近江商人の理想とする商いには「三方良し」を旨とする教えがあるそうです。

(三方良しというのは、「売り手」「買い手」「世間」が良しとする、つまり当事者の売り手と買い手だけでなく、その取引が社会全体の幸福につながるものでなければならないという考え方をあらわしているそうです)

また大岡越前守を扱ったドラマでも、三方一両損の話があります。

しかし現在の競争社会ではこの3%をめぐって激しい争奪戦が行われ、大部分は大手企業が手に入れて、一般生活者の手にはほとんど入ってこないのが実情です。

グローバリズム・経済成長至上・競争社会・・・これらの弊害(資金の偏り等)が

世界中に蔓延し始め、対抗する思想・考え方としてグローカル(グローバルとローカルの合体語)ソーシャルビジネス・イスラム金融・グラミン銀行等の活動が取り上げられるようになってきました。

以前、北海道新聞に脚本家の倉本 聡さんの寄稿記事がありました。

その中に「急ぐことを避け、身の丈にあわせた人間生活を身分相応に成し遂げることが本来のつつましい暮らしではなかったか」という一文がありました。

まさしくその通りで、国民の大多数にその覚悟が出来れば低エネルギー社会が実現し

毎年3万人と言われている自殺者も減り、当然原発も不要になります。

さる調査で(国連だと思うのですが)ヒマラヤの麓にあるブータンという小国が「幸福度世界一」とありました。

この国は日本のような工業国でもなく、特別な輸出産業を要していないはずです。

しかしテレビ映像で見る限り、子供達の目はきらきらと輝き

大人もせかせかした動きをしているようには見えませんでした。

明治維新以来、日本は資源小国なので資源を輸入し、加工製品を輸出して稼ぐことしか

生きていく方法がないと教えられそれが意識の深層にしまわれてきたので、

今日まで疑いもなく輸出に励んできました。

しかし福島の原発事故を契機に一度立ち止まり見直す時期にさしかかってきたのでは?と感じています。

日本の高い教育水準・技術力を活かせば、エネルギーを大量消費する完成品を輸出しなくても

コア技術の研究開発に資源を集中し、技術の輸出に活路を見出すことが出来ると信じています。

日本と東南アジアの子供達の目の輝きは、テレビ画面を通じて見ても明らかに違います。

この違いはどこから来るのでしょうか?

文明力の差・収入の差・識字率の差など、どれをみても日本の方が優位と思われるのに・・

皆さんのご意見をお願いします。

長文にお付き合いありがとうございました。

Copyright© 2013 株式会社レビオ All Rights Reserved.