北海道は今日(6月5日)も猛暑です

皆さんこんにちは、ここ数日の猛暑は道産子で2月生まれの私には耐えがたい毎日です。

10数年前までは、北海道と言えば夏は涼しく湿度も低いことから本州の暑さから逃れるために

大勢の観光客が訪れていた記憶が今も残っていますが、それも今は昔のこととなりました。

最近では、蝦夷梅雨と言われ道南や太平洋側の一部地域にしか見られなかったジメジメした気候が

全道的にその範囲を広げています。

地球温暖化現象が騒がれ始めた頃は、専門家を除き多くの道民はその現象に内心淡い期待を持ったことと

思います(道内の平均気温が上昇することで冬暖かくなり過ごしやすくなるのでは・・・と)

しかし、昨今の猛暑・集中豪雨等を実体験するとこれは単なる温暖化ではなく、

明らかに異常気象の様相を見せつつあると五感の何処かで感じ始めています。

二酸化炭素(炭酸ガス)を始めとする温室効果ガスの排出削減が市民一人ひとりの取り組むべき目標となって

きたことは誰の目から見ても明らかになってきました。確かに市民の排出する温室効果ガスの量は企業が排出

する量と比較すると雲泥の差があることは事実で、だからと言って何もしないで過ごすことは

現状を是認する行為になると思っています。

先ず、「隗より始めよ」で手近かな所から出来ることから始めたいと、レビオでは生ごみは焼却処分を止め

堆肥化することで、二酸化炭素(炭酸ガス)の排出削減に寄与することと、

農業の活性化に少しでも役立ちたいとの思いから活動を進めています。

カーボンニュートラルと言う考えがあり、植物由来の生ごみは燃やしても

二酸化炭素は増加しないと言われていますが、

生ごみは水分含有量が約90%と高く焼却には助燃材が必要な事、

また、植物以外の物が多く含まれていることを考えると矢張り焼却すべきではないと思っています。

そこで、環境問題(特に地球温暖化・食の安全にテーマを絞って)に関心ある方々と実際に活動されている人達と

意見交換をしたいものと年甲斐もなく先日FBに登録をしましたので宜しくお願いします。

https://www.facebook.com/masaru.takase.37

Copyright© 2013 株式会社レビオ All Rights Reserved.