「リージョナルと食材の安全」について

今日は、久しぶりの投稿です。

今回は間もなく始まる子供たちの新入学・新入園と言う時節柄、米国のトランプ大統領就任に伴う貿易問題から「食材の安全」について私の直感に基づく意見ですが書いてみたいと思います。

安倍総理大臣がトランプ大統領と会談をし、その内容の一部がマスコミから漏れ伝わっています、トランプ大統領が日米間の自動車を例に挙げ不公正な貿易があると非難したとかで国内では政財界で対応に追われているようです。

しかし、私が思うにこれは駆け引きの初手で本命は農産物の自由化にあると思います。

トランプ大統領はTPPからの離脱通知とその後の2国間での自由貿易交渉(FTA)への移行を強調していますが大統領の視野の先には自動車ではなく農産物の関税ゼロにあるのは明白です。

戦後70年間、日本は政治、経済そして安全保障の全てにおいて米国におんぶされてきたために何時の間にか足が退化し自力では歩くことが出来ない状態になってしまいました。

この様な状況下で農産物の関税ゼロを求められた時、今の日本にはそれを拒否する力は無く導入時期の交渉が精々できることではないかと感じます。(これは何かの本から得た知識ですが、敗戦後の講和条約文書中に連合国「米国」は期限を決めずに日本をコントロール下に置くことが出来るようなことを条文に記載されているとのことでした

結果、日本人は遺伝子組み換え農産物(農薬まみれで作られた)を食べざるを得なくなるのではと危惧しています。

現にアメリカでは遺伝子組み換えの表示はされていないようで、貿易交渉時には我が国にも同様の制度を取り入れることを強く求めてくるのではと心配しています。

レビオでは、食材の安全はリージョナル(グローバルの反対語)でと考え、少しでも早く信頼できる生産者を多く確保するとともに、自社栽培拡大へのシフトをスピード感持って進め多くの子供たちに安全で美味な食材を食して貰える体制を作りたいと考えています。

Copyright© 2013 株式会社レビオ All Rights Reserved.